超軽量ワイヤレスゲーミングマウス『Aerox 3 Wireless』レビュー

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 874D7CF4-AEB1-4BF8-963B-53D31C7E212B-1024x684.jpeg

今回は、steelseriesから発売された軽量ワイヤレスマウス、Aerox 3 wirelessを購入したのでレビューしていきます!

Aerox 3 wirelessはType-Cによる高速充電に対応し、15分ほどの充電で40時間以上使用可能。防水防塵のIP54規格認定。連続使用時間が2.4Ghz接続で80時間以上、Bluetoothで400時間とかなり高スペック。読み方はエアロックス。

Aerox 3 wirelessのスペック

接続方式ワイヤレス、Bluetooth、有線
形状左右対称
寸法120.55mm×67.03(横)×37.98(高さ)
重量66g
DPI200~18000(100刻みで設定可能)
ポーリングレート125,250,500,1000Hz
ボタン数6

Aerox 3 wirelessの外観・付属品

前面
左側面
右側面

サイドはハニカム構造ではなくなっています。個人的にサイドはハニカムでない方がグリップ感があるので嬉しい仕様。

後面
背面

裏のスイッチで2.4GHzワイヤレス、Bluetooth、オフを切り替えられるようになっています。LogicoolのG913のように2.4GHzとBluetoothを切り替えれば、2台のPCを行き来することも出来ますね。

形はほぼrival 3。公称のサイズで比較しても、前方の幅が少し小さくなっているくらい。かぶせ持ちよりは、つまみ持ち、つかみ持ち向けのマウスになります。

付属品はType-A→Cケーブル。レシーバー。レシーバーとケーブルを繋ぐアダプタ。説明書となっています。

当たり前のことですが、レシーバーもType-Cなことに感動した…

レシーバーとケーブルを繋ぐアダプタですが、裏に滑り止めが付いているので、机に置いても全然滑らないです。地味に嬉しい。

SteelSeries Engine 3による設定

イルミネーションは3箇所設定できるようになっているので、色のグラデーションも楽しめたりします。(写真だと分かりづらいですが…)

センサー周り

Aerox 3 wirelessのセンサーは、同社のrival 3 wirelessと同じ、TrueMove Airを搭載しております。TrueMove AirはsteelseriesがPixart社と共同開発して作った独自センサーになります。

mousetesterでのセンサーテスト。

1000Hzでの計測
500Hzでの計測

大きく外れているわけではないので特に問題はなさそう。

まとめ

  • Type-Cによる高速充電が便利
  • 66gと現状ワイヤレス最軽量のゲーミングマウス
  • 2.4GHz、Bluetoothどちらも対応してるので2台のPCを行き来できる。

個人的にかなり気に入っています。やはり、Type-Cによる高速充電が非常に便利。それでいて、この軽さですからね…

あとは2.4GHzワイヤレスとBluetoothを切り替えられる点がポイント高いです。サブPCにBluetooth乗せて同期しておけば、スイッチ切り替えで簡単に2台のPCを行き来出来ます。この機能、logicoolのマウスでよく搭載されてたりするのですが、ゲーミングマウスではなかったのでなかなか革新的ですよね。